宇宙論、高次元と宇宙の姿

「余剰次元」と逆二乗則の破れ 我々の世界は本当に三次元か? ブルーバックス / 村田次郎

ミクロの世界では重力が存在するのか、じつはまったく確認されていないのだ。
もし実験で万有引力の法則からのずれが見つかれば、それは重力が余剰次元にも伝播していることを示唆し、見えない別次元の存在を示唆する強力な証拠となるだろう。
それは四つの力の統一という、現代物理学最大の目標に向けた突破口となる。
余剰次元探索の最前線に立つ著者が、最新の考え方と実験の現場を紹介。



ワープする宇宙 5次元時空の謎を解くリサ・ランドール

宇宙は、私たちが実感できる「3次元+時間」という構成ではないらしい。
そこには、もうひとつの見えない次元があるというのだ。
もし、もうひとつの次元が存在するのなら、なぜ私たちには見えないのか?
それは、私たちの世界にどう影響しているのか? どうしたらその存在を証明できるのか?
現代物理学の歩みから最新理論まで、数式を一切使わずわかりやすく解説しながら、見えない5番目の次元の驚異的な世界へと私たちを導いていく。



大栗先生の超弦理論入門 九次元世界にあった究極の理論 ブルーバックス / 大栗博司

私たちは「どこ」に存在しているのか?
物質の基本は「点」ではなく「ひも」とする超弦理論によって、「ニュートンの力学」「アインシュタインの相対性理論」に続く時空概念の「第三の革命」が始まった。
現代物理学における究極のテーマ「重力理論と量子力学の統合」にはなぜ「ひも」が必要なのか?「空間が九次元」とはどういうことか?
類のない平易な説明の先に待ち受ける「空間は幻想」という衝撃の結論!
posted by Libro at 21:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。